works

美留和にたつ

「美留和にたつ」

敷地は主要道から雑木林を隔てて、
広大な牧草地と林を眼前に臨む場所です。
牧草地を臨む景観を生かし、そこに開放的な平面をつくること、
その景色は家の中からのみの特別な景観になるように演出すること。
主要道に面するアプローチ側からは牧草地に対して目隠しになるよう、
建物を道路に対して平行に長く伸びるようプランニングをし、
内部に入る玄関ドアを開けたところから、
牧草地に向けて開放的な窓を設置することで、
牧草地を臨む景観に占有感を持たせています。

改めてこの住宅を思ったとき、
オーナー様は「自然と共に生きる暮らし」を
思い描き、選ばれたと実感します。

detail

敷地面積 1000.37㎡(302.61坪)
延床面積 125.44㎡ (37.94坪)
竣工年月 2016年
工法 木造在来軸組工法
建築地 上川郡