works

チェッカーガラスのある家

「チェッカーガラスのある家」

この家にはチェッカーガラスという
古くから伝わるフランス製のガラスが使われている
用途として、プライバシー保護の為
ガラスの先に視線が通りにくく
光のみが透過するというモノ
チェッカーガラスは昔ながらの
ロールアウト法により製造されており
溶融ガラスを冷却する際に伸縮が均一でないため
ラインに歪みが生じると
平滑なガラスを製造することができない
このため、国内ではJIS規格外となり
現在は国内での生産はされていない
しかし、この歪みには味があり
素材自身の特性で形を成形する
量産でありながら、世界に1つのガラスとなる
効率・安価・利便性が問われる昨今でありながらも
どこかにアナログな素材を取り入れていきたい
これからのアートホームのテーマです

detail

敷地面積 240.21 ㎡(72.66 坪)
延床面積 122.14 ㎡(36.94 坪)
竣工年月 2009年
工法 木造在来軸組工法(外張断熱)
建築地 恵庭市