works

敷地の外から家を考える

「敷地の外から家を考える」

通りの交通量も割と多い、南面、西面が道路の角地。
日当たりのいい方角へ、プライバシーを配慮しなければいけない条件を持った敷地。
この敷地の条件に応えるようにプランニングがスタートした。
西面道路側には、水回りの部屋を集約させ、南面道路からはしっかりと距離をとって
敷地の一番奥にLDK を配置する。
LDK は家族の団欒の場所で、一番居心地のいい場所であってほしい。
視界の広がる先には庭があり、そこには樹々の様子が伺える。
庭の樹々はプライバシーをしっかり保つ効果を果たしてくれつつ、日常の変化を感じ
くつろぎと解放感を与えてくれる。
敷地が持つ特徴を、ネガティブに捉えるのではなく、どうやって両立していくか?
「敷地」をモチーフにした家づくり。アートホームからのご提案です。

floor plan

detail

敷地面積 206.73 ㎡(62.54 坪)
延床面積 129.97 ㎡(39.32 坪)
竣工年月 2020年
工法 木造在来軸組工法(外張断熱)
建築地 千歳市