works

限りなく透明に近い日常

「限りなく透明に近い日常」

適度な距離感の中で、何気ない日常をミンナで愉しみたいな。
とっても曖昧なままに、
グラデーションのように馴染ませて。
ふとした余白を感じながら、
他愛もない時間と声で心地良くつながりたいな。
少し離れてみて、
少し近づいてみて…。
ここは限りなく透明に近い日常で満たされている。

floor plan

detail

敷地面積 242.71㎡(73.42坪)
延床面積 105.57㎡ (31.93坪)
竣工年月 2019年
工法 木造在来軸組工法(外張断熱)
建築地 札幌市