works

斜里郡小清水町のリノベーション / ダイニングから始まる家づくり

二世帯仕様の中古物件をフルリノベーション

新築かリフォームか。
『でも住むなら絶対小清水町。』

たまたま小清水町の中古物件に出会ったY様。
『さて、そこからどうしようか。』
Y様は以前モデルハウスを巡っていた際のアートホームの家を思い出され、すぐにご連絡いただきました。
Y様・営業担当・工事担当は何度も中古物件に足を運び、「これはできるか」「こうしたほうが良いと思う」「この壁は取れるか」「この動線どう?」と現地・小清水町で打ち合わせを重ねました。
出会った中古物件は二世帯仕様だったこともあり、どの部屋も広さは充分です。しかし大きな家・広い部屋は動線がとても重要です。

最初に決めたのはダイニングキッチンスペース。
そこから1階全部の部屋を回遊できる動線を考え、メインとなる家具は【ildono】で選びました。家具は吟味しましたが、リビングにテーブルは必要ではありません。なぜなら、遊びに来る人はみんなダイニングに集まるからです。
ご夫妻のお気に入りはもちろんダイニング。
『ダイニングから始まる家づくり。』とはこの事。

 

リビング続きの和室は壁で仕切り、動線を整えました。

北海道小清水町のリノベーション事例(リビング)

地下には、ご主人の筋トレ部屋。
たまに仲間同士で集まり、ダーツをしながらお酒を楽しむそうです。

北海道小清水町のリノベーション事例(トレーニングルーム)

トイレには奥様が選んだ星の照明と絵を設置。
Y様ご夫妻が明るいから、「カラーテーマは落ち着いた色にしよう!」ということでクロスは青色を選んだとか選んでないとか。

北海道小清水町のリノベーション事例(トイレ)

北海道小清水町のリノベーション事例(外観)

 

リビングとなりの和室だった場所は今は子ども部屋です。将来はご夫妻の主寝室にする予定です。

北海道小清水町のリノベーション事例(和室だった部屋を子供部屋にリノベーション)

洗面室兼ランドリースペースはなんでも干せる長いレールとカウンターがあります。

北海道小清水町のリノベーション事例(ユーティリティー)

干して乾いた服は、子供部屋の奥のファミリークロークに収納できます。もし外で汚れたら、玄関から洗濯室に直行できます。玄関・洗濯室・干す・たたむ・収納、ムダのない動線です。

北海道小清水町のリノベーション事例(ファミリークローク)

Y様ご夫妻は何度もこれからの我が家に足を運びました。それは自分自身の目で見て実際にプランを考えるためです。机の上の話し合いではなく、現場でしかできない打ち合わせや、そのときのひらめきが大切に思えたからです。Y様ご夫妻は「やりたいことリスト」に将来にしたいことを書き留めてきました。私たちはそれをどのように実現させていくかを一緒に考え、想像し、プランにしていきました。将来の暮らし方も考えながらつくりあげたお家は歳月と共にY様ご家族にしっくりと調和していくことでしょう。

お二人のお気に入りはダイニングルームです。
家族みんなが集まり、またはお友だちを呼んで楽しくにぎやかに過ごせます。『今まで以上に訪ねて来る人が増えました』と奥様もお喜びです。

北海道小清水町のリノベーション事例(ダイニング)

 

『これからは外構を自分たちで造り整えたい』とご主人も楽しみにしています。
『夏の晴れた日は庭でB B Q やキャンプをしたい』『人工芝にしようと思ったけど、寝ころびたいからやっぱり自然芝かな』『子どもが大きくなったらクロスを好きな色に張り替えてもいいね』『フリースペースにホワイトボードをつけてみんなで勉強しよう、たまにお絵描きも』
家族の夢が次々に言葉になります。
無垢材の床だからこそ傷も色も、想い出を楽しんで暮らす。『これから楽しみがいっぱい待っています』とY様ご夫妻は笑顔でそう話されました。

 

Y邸

所 在 地 / 斜里郡小清水町
施工期間 / 3か月
竣 工 年 / 2022年
施工内容 / 中古住宅をフルリノベーション
家族構成 / ご夫妻+お子様1人


 

リノベーション・リフォームに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

detail

敷地面積 -
延床面積 -
竣工年月 2022年
工法 フルリノベーション
建築地 斜里郡小清水町

この事例の特徴