works

キッチン・ダイニングのリフォーム / LIXILのキッチン「リシェル」を使いたい

LIXILのキッチン「リシェル」でキッチン・ダイニングのリフォーム

『LIXILのキッチン【リシェル】を使いたい、そう決めていました。』

LIXILのリフォーム窓口の担当者の方からアートホームを紹介され、リフォームの依頼を決めてくださったH様ご夫妻。キッチンやタイルのショールームへ積極的に足を運びながら、SNSでも施工実例をたくさんご覧になったそうです。

奥まった場所にコの字で設置されていたキッチンは、リビングと対面型にリフォームし、キッチン背面の収納カウンターは壁全体に思いきり延ばしました。

大きな収納カウンターは、奥まった場所のパントリーも含め最大の収納を確保できます。
ミーレの食洗機と、鍋をがっちりホールドするコンロ(施主支給)がH様のキッチンのこだわりです。
【リシェル】の収納力やセラミックの少しざらざらした質感、掃除のしやすさなどがとても気に入っている、とH様。

 

鍋をがっちりホールドするコンロ(施主支給)

壁の端から端までの収納カウンター。リビングから見えない奥のデッドスペースに冷蔵庫とパントリーでいつもスッキリ。

最後まで悩んだ2種類のタイルを両方採用することにしました。太陽の光がタイルに反射し、どちらも毎日違った表情を見せてくれます。

【ウッドワン】の背面収納カウンターを壁一面に設けました。カウンターの天板はリビング側を木に奥をステンレスにしました。お子様の勉強や、本を読んだりするのは、手触りのよいぬくもりのある木製で。買ってきたものを置いたり、料理時に使用するのは、汚れにくい丈夫なステンレス製。

「でもステンレスの天板はクロスを白にしてしまったので、汚れるのが怖くて料理中には使えてません、まだ買い物の出し入れだけ!」とおっしゃる奥様。楽しく明るいキッチンで快適にお過ごしください。

 

H邸

施工期間 / 15日間
竣 工 年 / 2022年
施工内容 / キッチン・ダイニング
家族構成 / ご夫婦+お子様3人


 

リノベーション・リフォームに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

detail

敷地面積 -
延床面積 -
竣工年月 2022年
工法 リフォーム
建築地 -

この事例の特徴

施工事例を特徴から探す